法人が実施する事業

聴覚障がい者情報センターの運営

字幕・手話入りDVDの制作や貸出、聴覚障がい者の生活相談、意思疎通支援、手話の普及や聴覚障がい者問題の啓発などを実施する、県の聴覚障がい者情報提供施設です。平成18年4月より指定管理者として管理運営を実施しています。



障害者福祉サービス事業「グループホーム もみじの家」の運営

一人暮らしの困難な65歳未満の聴覚障害者を対象に、家庭的な雰囲気で手話でコミュニケーションができる生活の場を提供するため、グループホームを運営しています。



電話リレーサービス事業

聴覚障がい者も電話が利用できるよう、オペレーターが手話や文字で音声電話の通訳を実施する事業です。日本財団の電話リレーサービスシステムを利用し、厚生労働省の補助事業としてオペレーター業務を実施しています。



公益事業

聴覚障がい者の社会参加と自立をめざし、県より委託を受けて次のような事業を実施しています。

 ・手話通訳者養成

 ・盲ろう者通訳介助員養成

 ・社会生活訓練事業

 ・おでかけ手話講座

 ・ろうあ者相談員事業 

 ・意思疎通支援者派遣事業

 ・盲ろう者通訳介助員派遣事業



出版・売店事業

ろうあ連盟刊行の書籍や手話テキスト等のあっせん、手話カレンダーの制作のほか、県障がい者福祉センター(サンアップル)1階に聴覚障がい者による売店を運営しています。



協会(会員)事業

地域協会等と連携し、聴覚障がい者の情報交換や交流などを目的に各種行事や事業を実施しています。

 ・機関紙「ろうあ信州」の発行

 ・県聴覚障害者大会・県スポーツ大会の開催

 ・高齢者を対象としたミニディサービス事業の実施

 ・全国ろうあ者大会、北信越ろうあ者大会への参加

 ・聴覚障害者体育大会、北信越ろうあ者体育大会への参加

 ・ろうあ連盟、北信越ろうあ連盟等との連携

 ・長野県手話通訳問題研究会、長野県手話サークル連絡協議会、長野県手話士協会、

  NPO法人信州難聴、長野県要約筆記通訳者問題研究会等との連携

 ・専門部(高齢部・女性部・青年部)との連携



県身体障害者福祉協会・県障害者スポーツに関する事業

 

長野県身体障害者福祉協会・長野県障害者スポーツ協会が実施する各種事業について、行事参加やスポーツ選手育成、選手派遣などの事業を実施します。

 ・全国障害者スポーツ大会、長野県障害者スポーツ大会への参加、開催協力